FC2ブログ

株式会社マイホームデザイン

お気軽にお問い合わせください 0120−710−146 資料請求・お問い合わせはこちら

スケルトンリノベーションで、理想の住まいを実現

住まいをライフスタイルや好みのデザインに一新するリノベーション。
マイホームデザインでは、既存の基礎や構造体を生かす「スケルトンリノベーション」をおすすめしています。



●「リノベーション」と「リフォーム」って、どう違うの?
近頃よく耳にする「リノベーション」。「リフォーム」と一体どこが違うのでしょうか? 一般的に「リノベーション」とは、住まいの性能向上を施して、間取りを変更するなど、資産価値を高める改修工事のことを指します。一方「リフォーム」は老朽化した箇所を修繕し、壁紙などを張り替えるなどの表層的な工事を施すことと捉えられています。

●スケルトンリノベーション3つのメリット
1.耐震性能アップ
スケルトンリノベーションは、構造体のみを残してゼロからプランニング。耐震補強や断熱補強を行う場合でも通常のリフォームと比較し、費用や手間を削減することができます。また、どの場所を補強すべきか、現状のままでよいかなど、住まいの問題点を「視える化」することで合理的・経済的な補強も可能となります。当社で耐震補強を行う場合は、予めインスペクション(住宅診断)にて耐震診断を行い、耐震等級3(建築基準法のおよそ1.5倍)をクリアするべく、必要に応じて基礎の補強・接合部の補強・壁の補強・腐朽箇所対策を行い、安全性を実現します。

2.断熱性能アップ
断熱補強を行う場合も、インスペクション(住宅診断)を行います。診断結果に基づき、断熱ボードや高性能グラスウールを使い、床下・天井・壁の断熱補強を行う外断熱、窓の断熱などで断熱性能を高める内断熱を組み合わせ、省エネはもちろん、ヒートショックのリスク軽減や防音性を図り、安全で快適な住まいを実現します。

3.資産価値アップ
国内では空き家率が年々増加し、18%の空き家率となっています。(平成30年住宅・土地統計調査結果/総務省統計局)
2016年からは、自治体が有害だと判断した空き家については、通常の6倍もの固定資産税の支払いを命じられる「空家等対策特別措置法」が執行されています。間取りや設備を全面的に一新できるスケルトンリノベーションは、資産価値アップにつながり、将来の資産形成にもお役立て頂けます。



マイホームデザインでは、お客様と一緒に現在のライフスタイル、そして未来を見据え、安全性・省エネ性・快適性・健康性など、様々なニーズに応える理想の住まいという物語を創り、実現していきます。

詳しくはこちらもご覧ください!



コメント

非公開コメント

リフォーム事業部HPはこちら

 
セミナー・内覧会のお知らせ